上野先生、勝手に死なれちゃ困ります 上野千鶴子、古市憲寿著

上野先生、勝手に死なれちゃ困ります 上野千鶴子、古市憲寿著

ベストセラー『おひとりさまの老後』などで知られる東京大学名誉教授とその教え子、二人の社会学者による対談集。片や63歳の団塊の世代。一方は26歳の社会学専攻の大学院生。40歳近く年の離れた二人が、世代間のギャップを物ともせず、忌憚なく意見を戦わせている。

話の中心は「老後」。自身の老後を自覚的にとらえる名誉教授に対して、院生は親の老後や介護問題についての不安を吐露する。自分が介護される状態になったら、あるいは自分が親を介護することになったら、どうすればいいのか。

「介護はおカネを出すか、人手を出すかの選択になる」と語られるなど、斜陽に入ったといわれるこの国の「不安」が浮き彫りになる。

光文社新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。