新しい世界史へ 地球市民のための構想 羽田正著

新しい世界史へ 地球市民のための構想 羽田正著

グローバル化が進み、ますます一体となる現代世界。その現実を前に、従来のヨーロッパを中心とした世界史像は、刷新されるべき時を迎えている、と著者は言う。

現行の世界史は、日本人の世界史であり、また自と他の区別や違いを強調し、ヨーロッパ中心史観からも自由でない。19世紀に成立した近代歴史学そのものが、この三つの問題点を持っているとして、英語圏のグローバルヒストリー研究とも一線を画し、歴史認識のあり方、語り方を問い直し、「世界は一つ」という視点から、地球市民のための世界史を構想しようとする。

同時に歴史の力によって、現代社会を覆う閉塞感を突き崩し、将来に向けての展望を手に入れようと試みる。

岩波新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT