やりっぱなし研修撲滅宣言

『人材育成担当者のための 絶対に行動定着させる技術』 

満足度の高い研修をするのは簡単?

人材育成担当者は「流行の研修」で人気のあるテーマを追い、参加社員の満足度の高い「カリスマ講師」を探す。研修で講師は情熱的に語り、感動させ、最後に盛り上げて社員が「参加してよかった」と成長を実感させようとする。

そして研修終了後には「Q1 この研修の満足度をお答えください。○大変満足 ○満足 ○ふつう ○やや不満足 ○不満足」、「Q2 その理由をお聞かせください。」という受講後アンケートで研修の効果を測ろうとする。満足度が高ければ、人材育成担当者と講師に高い評価が与えられ、その研修は続けられることになる。

ほとんどの企業がこういう研修を実施しているはずだ。研修の効果測定は難しいので、受講後アンケートによって満足度を測っている企業は多い。

講師にとって研修参加者の満足度を上げるのは比較的簡単だ。著者は「管理職やリーダー研修の場合、自分のことを話す時間が多いほど、満足度は上がる傾向にあります。また、若手の場合、最後に発表で盛り上げるなどフィナーレを感動的にすると、満足度は上がる傾向にあります」と書いている。

次ページ企業研修は結婚式や葬式に似ている
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT