伸びていく若手には「5つの共通項」がある!

元コンサルが語る「できる人の本質」

ただし注意事項もあります。上司から嫌われてしまうと成果が出しにくくなります。無理に好かれる必要はないですが、「上司を人前で批判する」や「無礼な振る舞いをする」など、嫌われることはしないほうが無難でしょう。

3:「主観」より「客観」を重視している

「私はこう思う」はとても大事です。自分の意見を持つことは、「仕事ができる」ようになる第一歩です。ですが、それが強すぎると単なる「思い込み」や「頑固」として扱われてしまいます。

「伸びる若手」は、自分の意見にはあわせて必ず根拠を述べ、「主観」をできるだけ「客観」に近づけるよう努力をしていました。

たとえば、こんなことがありました。

新人で入社した2人のコンサルタントが、それぞれ顧客の会社の教育計画の作成を任されました。

1社目は、2人のコンサルタントはそれぞれ頑張り、2名とも顧客から高い評価を受けることができました。

ところが、2社目になり、様子が変わりました。1人は、2社目も高評価を受けたのですが、もう1人は顧客から、「質が低い」と、クレームが入ってしまいました。

3社目、もう2人の差は圧倒的でした。3社立て続けに高評価を受けた若手コンサルタントには、安心して仕事を任せることができました。

もう1人は、まだ上司のサポートなしには仕事をさせるわけにはいきませんでした。彼は自分がなぜクレームをもらってしまったか、よく認識していなかったのです。

2人の違いは、「振り返り」にありました。前者は詳細に「なぜ1社目が高評価だったか」を「客観的」に分析していました。

後者はそれとは対照的に、「なぜ1社目が高評価だったのか」をまるでわかっていませんでした。自分は1社目うまくいった、だから、そのやり方が良かったのだ、と客観的に分析をせず、「お客さんがわかってないので悪い」と言い続けたのです。

次ページ周囲と情報を共有しよう
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。