伸びていく若手には「5つの共通項」がある!

元コンサルが語る「できる人の本質」

私は、在籍していたコンサルティング会社においても、顧客先の会社においても一貫して「採用」に関わってきました。

採用においてもっとも重要な成果はもちろん、「入社後、活躍できるかどうか」です。

そこで私は自分が採用にかかわった人材のその後を追跡し、成果を出しているかどうか観察しました。

すると「うまく仕事に適応して、活躍する人」には共通することがあるとわかりました。

その共通項は5つです。

1 「知識」より「学ぶ能力」を重視している
2 「上司」より「顧客」を重視している
3 「主観」より「客観」を重視している
4 「自分の知恵」より「集団の知恵」を重視している
5 体力がある

 

それぞれ、説明していきましょう。

1:「知識」より「学ぶ能力」を重視している

前提として、現在その人が持っている知識は、すぐに陳腐化します。

企業は、新しいことにチャレンジし続けているので「知識」そのものよりも「学ぶ能力」「能力を向上させる能力」のほうがはるかに重要です。

「今までの経験や知識で対応できないので、できない」

「教えてもらったことがないので、できない」

としり込みする人がいますが、企業においては「人がやったことのないことをやれる人」が重要なので、しり込みする人は、たいてい環境に適応できません。

たとえば、こんなことがありました。あるIT業の会社から「営業の支援」の依頼があり、2名の若手が配属されました。

1人はIT業の経験者だったのですが、「営業はやったことがないので、私の専門性が生きない。違うプロジェクトにしてくれ」と言ってきました。

もう1人は同じくIT業の経験者ですが、「営業をやったことがないので、とてもいい機会でうれしいです」と、進んで現場でお客さんと一緒に営業をやり、営業のイロハをゼロから身につけたばかりか、進んで営業の得意な先輩に教えを請いに行きました。

次ページ一時的な上司の評価に焦ってはいけない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。