明快なCSRビジョンが社員のモチベーションを高める《組織・人を強くするCSR 第7回・最終回》

今後の日本企業のCSR担当者は、マテリアリティを明確化し、何をゴールにCSRを行うのかを経営陣、社員に明確に提示することが求められるだろう。社員の支持が得られないCSR活動は、たとえCSR実施体制を強化しても持続性がない。
 
 冒頭の事例でもわかるように、CSR部門が提示するCSRのゴールに多くの社員が賛同すれば社員が主役のCSR活動が広がる。

これを上手に行うことができれば、CSRと事業戦略はまさに一体となり、社員を奮い立たせる活動につながるだろう。

(この連載はクレイグ・コンサルティングのコンサルタントが執筆しました)

株式会社クレイグ・コンサルティング
2004年設立。ISO26000対応などのCSRコンサルティングを中心に、経営戦略、M&A、事業再生、人事コンサルティングなど幅広い分野でのコンサルティングを手掛ける。 http://www.craig.co.jp/

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT