明快なCSRビジョンが社員のモチベーションを高める《組織・人を強くするCSR 第7回・最終回》

明快なCSRビジョンが社員のモチベーションを高める《組織・人を強くするCSR 第7回・最終回》

小河光生 クレイグ・コンサルティング 代表取締役

東日本大震災発生から8カ月以上が過ぎ、「ボランティアの数が減少している」という報道もある中で、企業の息の長い取り組みが続いている。

たとえば、三菱商事は自社グループ社員を20人ずつのチームに編成して、ローテーションを組んで3泊4日のボランティア派遣を続けている。1年間で約1200人の社員が被災地での作業に就く予定で、その様子は月ごとに同社のホームページで発表されている。

息の長い震災支援は社員参加がカギ

参加した社員のコメントを読むと、さまざまな思いを持って作業に当たっているもようが見える。この中に、現地で雨が降り屋外活動ができない社員が、被災家庭に届けるぞうきんを手縫いしているようすが記載されている。こうした地道な活動が次のボランティアを勇気づけ、息の長いCSR活動につながるのだと再認識させられる。

三菱商事では、ボランティアの派遣前にCSR部門が実際に現地に赴き、現地のニーズを十分に聞き取ってきている。どのような活動に従事すれば地元に喜ばれるかを綿密に計画し、さらに社員ボランティアに出発する人々に事前に現地のありさまなどを十分に説明しているそうだ。

この三菱商事の例からわかるように、社員が主役の活動は、周りの社員を感化させ強い組織力となって活動を盛り上げる。この組織力が一時的な活動に終わらず、息長い取り組みの原動力となって現れてくる。これまでES(社員満足度)とCSRの関係(第6回参照)や、CSR活動の活性化が優秀な人材を吸引すること(第4回参照)など、CSRと社員モチベーションの関係を論じてきたが、CSRの最も大切な概念である持続可能性は、社員がいかに自社のCSRを理解し、納得して活動に参加するかで決まることがわかる。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT