全米プロ「マキロイ対スピース」の勝者は?

本質を見抜く力の競い合いになる

男子ゴルフのメジャー最終戦、全米プロ選手権(13日開幕)では、世界ランク1位のロリー・マキロイ(写真)と同2位のジョーダン・スピースに注目が集まる(写真:ロイター/Brian Spurlock-USA TODAY Sports)

8月13日、シーズン最後のメジャー大会である、全米プロ選手権が、ウィスコンシン州のウィスリングストレイツで開幕する。巷では世界ランキング1位のローリー・マキロイ(英国)と2位のジョーダン・スピース(米国)の世界一争いに大きな注目が集まっている。

7月上旬に友達とサッカーに興じて左足首を痛め、昨年優勝した全英オープンも世界選手権シリーズのブリヂストン招待も欠場したマキロイが、やはりディフェンディングの立場にあるこの全米プロで復帰したことは、ゴルフ界にとって朗報だ。

今年のマスターズと全米オープンを制したスピースは、マキロイ不在の間、「優勝すれば世界一」というビッグチャンスを迎えたが、全英オープンでは惜敗、ブリヂストン招待では10位に終わり、依然、マキロイを追いかける立場にある。

世界ランキング1位と2位が直接対決

ランキング2位のジョーダン・スピース。マキロイを追い掛ける立場にある(写真:ロイター/Michael Madrid-USA TODAY Sports)

今週はその2人が予選2日間を同組で回り、文字通りの直接対決。王座が入れ替わる想定パターンは、1)スピースが優勝してマキロイが2位タイ以下。2)スピースが単独2位でマキロイがトップ6以下。3)スピースが単独3位でマキロイが予選落ち。

マキロイは26歳、スピースは22歳になったばかり。若い2人の王座争いはゴルフ界の未来が明るく感じられ、とても楽しみではある。だが、せめて開幕前は、王座争いのみならず、いろいろな方向へ視線を向けてみたい。そうすると、面白いものが見えてくる。

次ページコースの特徴は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。