一流選手は、ペースを乱されても崩れない

ONとOFFをすばやく切り替えられるか

日本女子プロゴルフツアーが7月に2週間お休みの間、ペンシルベニア州で全米女子オープンが開催されました。7月は世界の女子メジャーが二つ開かれます。一つは全米女子オープン、もう一つは全英女子オープン。プロなら誰でも欲しいメジャーなタイトルです。ともに4日間大会で世界中から強豪選手が集い、競争は熾烈です。日本で知られていない、でも力のある選手がたくさんいます。4日間大会なので、体力、技術、精神力、戦略など総合力が問われます。

さて、私の最初の全米女子オープン出場は1990年、米国に参戦した最初の年でした。開催場所はジョージア州アトランタにあるアスレチック・ゴルフクラブ。自宅がアトランタ市内だったので自宅通勤ができました。

待機の間に何をするべきか

初日と2日目は同じ組み合わせです。米国で殿堂入りしているエミー・オルコット選手ともう一人の選手。初日は朝から蒸し暑い日で、時折雷が鳴りました。雷のたびにプレーが中断され、待機している車の中でプレー再開まで待ちました。車での待機の経験がまったくない私は、どうしていいかわからず、ただ席でじっとしていました。

ところが、エミーは待たされることを気にするふうでもなく、キャディとおしゃべりしたりラジオをつけて音楽を聴いたり、またそれに合わせて歌ったりしていたのです。私はビックリ。試合の途中で集中力が切れないように、気を張り詰めていないといけないのでは、と考えていたのに、エミーは真逆で、この休んでいる時間をリラックスに充てているようでした。

次ページ1日で4回も中断
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。