一流選手は、ペースを乱されても崩れない

ONとOFFをすばやく切り替えられるか

日本女子プロゴルフツアーが7月に2週間お休みの間、ペンシルベニア州で全米女子オープンが開催されました。7月は世界の女子メジャーが二つ開かれます。一つは全米女子オープン、もう一つは全英女子オープン。プロなら誰でも欲しいメジャーなタイトルです。ともに4日間大会で世界中から強豪選手が集い、競争は熾烈です。日本で知られていない、でも力のある選手がたくさんいます。4日間大会なので、体力、技術、精神力、戦略など総合力が問われます。

さて、私の最初の全米女子オープン出場は1990年、米国に参戦した最初の年でした。開催場所はジョージア州アトランタにあるアスレチック・ゴルフクラブ。自宅がアトランタ市内だったので自宅通勤ができました。

待機の間に何をするべきか

初日と2日目は同じ組み合わせです。米国で殿堂入りしているエミー・オルコット選手ともう一人の選手。初日は朝から蒸し暑い日で、時折雷が鳴りました。雷のたびにプレーが中断され、待機している車の中でプレー再開まで待ちました。車での待機の経験がまったくない私は、どうしていいかわからず、ただ席でじっとしていました。

ところが、エミーは待たされることを気にするふうでもなく、キャディとおしゃべりしたりラジオをつけて音楽を聴いたり、またそれに合わせて歌ったりしていたのです。私はビックリ。試合の途中で集中力が切れないように、気を張り詰めていないといけないのでは、と考えていたのに、エミーは真逆で、この休んでいる時間をリラックスに充てているようでした。

次ページ1日で4回も中断
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • コロナウイルスの恐怖
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。