井川一族が牛耳る 大王製紙の末路

井川一族が牛耳る 大王製紙の末路

製紙業界3位、大王製紙の創業者一族である井川意高前会長(47)=9月16日付で引責辞任=がグループ企業から巨額の資金を個人的に借り入れたまま、使途不明金となっている問題が発覚してから1カ月余り。会社側は前会長を刑事告訴する方針を固め、事態は急展開の様相を見せている。

会社側によると、井川前会長が連結子会社7社から2010年度と、今年4月から9月までに合計84億円(その後105億円と判明)を借り入れ、うち29億円は今年4月以降に現金や関連会社株で返済されたが、残りは返済されないままになっている。なぜいとも簡単に巨額資金を引き出せたのか。

全7社で代表取締役 父、弟、叔父も重役

会社側によると不正融資の舞台となったのは連結子会社7社。各社の官報と登記簿を調べると、井川家一族のお手盛り経営だったことが一目瞭然だ(表)。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT