井川一族が牛耳る 大王製紙の末路

井川一族が牛耳る 大王製紙の末路

製紙業界3位、大王製紙の創業者一族である井川意高前会長(47)=9月16日付で引責辞任=がグループ企業から巨額の資金を個人的に借り入れたまま、使途不明金となっている問題が発覚してから1カ月余り。会社側は前会長を刑事告訴する方針を固め、事態は急展開の様相を見せている。

会社側によると、井川前会長が連結子会社7社から2010年度と、今年4月から9月までに合計84億円(その後105億円と判明)を借り入れ、うち29億円は今年4月以降に現金や関連会社株で返済されたが、残りは返済されないままになっている。なぜいとも簡単に巨額資金を引き出せたのか。

全7社で代表取締役 父、弟、叔父も重役

会社側によると不正融資の舞台となったのは連結子会社7社。各社の官報と登記簿を調べると、井川家一族のお手盛り経営だったことが一目瞭然だ(表)。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT