対話の現場/指導者か対話者か 対話の現実と限界

まずは「何」のレベルである。

「指示を出したら、相手に復唱させることだ。『3番のネジを締めろ』『3番のネジを締めます』というようにね。これは軍隊の方法なので嫌われがちだが、絶対にここから始めないといけない」

復唱には確認が必要である。「何番のネジか?」、「3番の何か?」、「3番のネジをどうするのか?」。矢継ぎ早に質問して、確認しなければならないという。

そこまで必要なのだろうか?

「疑うなら、実際にやってみればいい。相手が『何もわかっていない』ことを思い知るはずだ。新人は用語にも作業にも慣れていないから指示が聞こえない。ベテランは慣れているから指示を聞かないんだ」

次は「なぜ」のレベルである。

「なぜ」のレベルとは、言葉で明確に示されてはいないが、言葉から当然のように推論されるべき内容を理解しているかどうか。

たとえば「なぜ3番のネジを締めるのか?」。この問いに対する答えは、さまざまだろう。

「上司に言われたから」

「鋼板をつなぎ止めるため」

「船が沈んでしまうから」

これについて造船王は語る。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT