外国人従業員の増加で変化を迫られる企業の対応《組織・人を強くするCSR 第5回》

外国人従業員の増加で変化を迫られる企業の対応《組織・人を強くするCSR 第5回》

 

奥野 薫
株式会社クレイグ・コンサルティング
マネージングディレクター 

 

就職に当たっては、安定志向も依然根強く残るが、「社会貢献」「働きがい」「環境への配慮」や「働く環境」などを重視して会社選びをする学生も増えている。

現在の経済状況から当面は企業側の買い手市場が続くと思われるが、社会全体のCSRに対する意識が高まる中で、企業側としてより優秀な人材を確保しようとした場合、売り上げ・利益や企業規模、ブランド力のみに頼っていては限界があるということは認識すべきである。

一方、近年、企業活動のグローバル化に伴い活発化している外国人の採用についてはどうだろうか。昨今、大学生の就職事情は非常に厳しい状況にあり、内定を取れない日本人学生を尻目に複数の内定を勝ち取る外国人留学生も多い。

国内市場の成長が鈍化している現在、各企業ともアジアを中心とした海外に活路を見いだしており、採用に当たっては、外国人としての特定役割に限定するのではなく、一般の日本人と同様に“グローバル人材”として区別なく扱う企業も多くなっている。少子高齢化等による中長期的な国内労働人口の減少とも相まって、外国人採用は、今後、より一層の広がりを見せるだろう。

 

 

前回も述べたように、雇用の創出や雇用した社員の有効活用は企業にとって最も基本的な社会的責任であるが、外国人採用が一般的になれば、それに伴う社会的責任も広範囲に及ぶことになる。この点においては、“ダイバーシティ推進”の観点も欠かせないだろう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT