外国人従業員の増加で変化を迫られる企業の対応《組織・人を強くするCSR 第5回》


国内採用であれ海外採用であれ、上記の点と合わせて、まず外国人社員が日本企業で働くうえで、何に問題・課題を感じるのかをよく知ることが重要である。

そこを正しく認識したうえで、語学教育をはじめとして、日本文化やビジネスに関する研修、受け入れ職場への異文化研修、現場管理職への異文化マネジメント研修などのトレーニングサポートや人事制度のグローバル対応、キャリア形成支援、メンター制等の制度面の拡充・整備、また職場でのコミュニティ形成や外国人社員向けのSNS整備ほかの諸施策を、可能であれば総合的に実施していくことが望ましい。

今後、ビジネスのグローバル化に伴い、人材もますますグローバル化していく。そうした際に、採用する側の企業の社会的責任もより広範囲に及び複雑化していくだろう。

言うまでもないが、海外では文化的・宗教的・生活習慣的な違いにより、日本での常識が常識として通用しない場合が多い。“責任”や“権利”に対する認知の仕方も違う。企業がCSR活動を推進していく場合も、この“違い”を正しく認識しておく必要がある。

(この連載はクレイグ・コンサルティングのコンサルタントが執筆します)

株式会社クレイグ・コンサルティング
2004年設立。ISO26000対応などのCSRコンサルティングを中心に、経営戦略、M&A、事業再生、人事コンサルティングなど幅広い分野でのコンサルティングを手掛ける。 http://www.craig.co.jp/

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。