あなたにも出来る!社労士合格体験記(第37回)--ファイナンシャルプランナー試験に合格


■次なる資格にチャレンジ

私は1つラッキーなことがあるときは、ほかにもチャンスがあるときだと思っています。調子に乗っているときは、とことん調子に乗ろう。年男で、正月に実家の名古屋で参拝した伊奴(イヌ)神社のご加護もあるに違いない。

続く5月28日、2級ファイナンシャル・プランニング技能検定試験は、まさにこの楽観姿勢で臨むことができました。試験会場は家からも比較的近い目白大学。午前10時から2時間の学科試験は難なくこなせました。

午後1時半から3時までの実技試験は、計算問題に少々てこずりましたが、電卓をたたいているうちに指先からの記憶がよみがえり、合格ラインに飛び込んだという手応え。7月5日には合格証書が届き、学科は60点満点中51点、実技は100点満点中69点という結果。

久しぶりの資格試験合格に喜びもひとしおでしたが、目標は行政書士と社労士だということを改めて肝に銘じました。そして、マルチ資格獲得に向けてチャレンジ精神が高揚してきました。

■任意継続の前納

ところで、健康保険の任意継続には前納制度があり、私もこの制度を利用していました。私の任意継続は5月からスタートしましたが、前納できたのは翌月6月以降の分でした。

健康保険施行令第48条には「保険料の前納は、4月から9月まで若しくは10月から翌年3月までの6月間又は4月から翌年3月までの12月間を単位として行うものとする。ただし、当該6月又は12月の間において、任意継続被保険者の資格を取得した者又はその資格を喪失することが明らかである者については、当該6月間又は12月間のうち、その資格を取得した日の属する月の翌月以降の期間又はその資格を喪失する日の属する月の前月までの期間の保険料について前納を行うことができる」と規定されています。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT