(第14回)グーグルとトヨタは本質的に異なる企業

(第14回)グーグルとトヨタは本質的に異なる企業

前回はアップルとソニーを比較したが、今回はグーグルとトヨタ自動車を比較しよう。

アップルとソニーは類似の製品を生産しているから比較はイメージしやすいが、グーグルとトヨタの事業はまったく異なる。だから、比較のしようもないと考えられるかもしれない。しかし、いずれも国を代表するエクセレントカンパニーだ。だから、両社の比較は、日本とアメリカの経済構造の比較とも言えるのである。それゆえ、この比較は、前回述べたことよりも根源的である。

まず何よりも、利益の源泉が異なる。トヨタの強さは技術力と言われるが、基本的には確立された技術の改善であり、現場における効率化だ。さらに言えば、「ジャストインタイム・システム」に見られる系列メーカーの効率強化である。

グーグルは、これまで存在しなかったサービスとビジネスモデルによって利益を挙げている。20年前には、こうした企業がありうることすら、誰も想像できなかった。

トヨタでは、30万人を超える組織内メンバーの協調が重要だ。系列会社との間にも緊密な関係が求められる。その目的は、「カイゼン」という言葉に代表される。独創よりは、地道で堅実な活動が求められる。

グーグルが必要とするのは、組織力ではなく独創的な個人のアイディアだ。創業の経緯を見ても、技術が先行し、利益もないまま発足した。巨額の利益を挙げられるようになったのは、「検索連動広告」というビジネスモデルを確立したからだ(ただし、これはグーグルが開発したものではない)。従業員は3万人に満たない。

関連記事
トピックボードAD
  • 女性の美学
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • なにわ社長の会社の磨き方
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。