得意の”タダ”で学生狙う孫ソフトバンク

得意の”タダ”で学生狙う孫ソフトバンク

ソフトバンクの次なるターゲットは学生だった。

携帯電話業界の書き入れ時である春商戦が近づいてきた。「頭の中は携帯事業のことでいっぱい」という孫正義ソフトバンク社長は、1月21日、新製品お披露目に先駆けて新料金キャンペーン「ホワイト学割」を発表。

小学生から大学生までを対象とし、新規加入から3年間はホワイトプラン月額基本料980円をタダにするのが目玉。申し込み期間を2月1日から5月31日に限定するが、この価格訴求策、インパクトがありそうだ。

春商戦のメインターゲットである学生は、ヘビーユーザーでいわば上顧客。「学生の皆さんのARPU(契約当たり収入)は高いし、パケット代も上限に張り付いている人が多い。他社のように、すでに学生を多く抱えていると、こうした施策は減収インパクトが大きいが、学生マーケットのシェアが7%にすぎない当社にとっては、契約数を増やすことによる効果が大きい」と孫社長。業界最下位だからこそ採れる戦略というわけだ。学生に強いKDDIの対抗策が注目される。

(撮影:尾形文繁 = 週刊東洋経済2月2日号より)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT