得意の”タダ”で学生狙う孫ソフトバンク

得意の”タダ”で学生狙う孫ソフトバンク

ソフトバンクの次なるターゲットは学生だった。

携帯電話業界の書き入れ時である春商戦が近づいてきた。「頭の中は携帯事業のことでいっぱい」という孫正義ソフトバンク社長は、1月21日、新製品お披露目に先駆けて新料金キャンペーン「ホワイト学割」を発表。

小学生から大学生までを対象とし、新規加入から3年間はホワイトプラン月額基本料980円をタダにするのが目玉。申し込み期間を2月1日から5月31日に限定するが、この価格訴求策、インパクトがありそうだ。

春商戦のメインターゲットである学生は、ヘビーユーザーでいわば上顧客。「学生の皆さんのARPU(契約当たり収入)は高いし、パケット代も上限に張り付いている人が多い。他社のように、すでに学生を多く抱えていると、こうした施策は減収インパクトが大きいが、学生マーケットのシェアが7%にすぎない当社にとっては、契約数を増やすことによる効果が大きい」と孫社長。業界最下位だからこそ採れる戦略というわけだ。学生に強いKDDIの対抗策が注目される。

(撮影:尾形文繁 = 週刊東洋経済2月2日号より)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT