得意の”タダ”で学生狙う孫ソフトバンク

得意の”タダ”で学生狙う孫ソフトバンク

ソフトバンクの次なるターゲットは学生だった。

携帯電話業界の書き入れ時である春商戦が近づいてきた。「頭の中は携帯事業のことでいっぱい」という孫正義ソフトバンク社長は、1月21日、新製品お披露目に先駆けて新料金キャンペーン「ホワイト学割」を発表。

小学生から大学生までを対象とし、新規加入から3年間はホワイトプラン月額基本料980円をタダにするのが目玉。申し込み期間を2月1日から5月31日に限定するが、この価格訴求策、インパクトがありそうだ。

春商戦のメインターゲットである学生は、ヘビーユーザーでいわば上顧客。「学生の皆さんのARPU(契約当たり収入)は高いし、パケット代も上限に張り付いている人が多い。他社のように、すでに学生を多く抱えていると、こうした施策は減収インパクトが大きいが、学生マーケットのシェアが7%にすぎない当社にとっては、契約数を増やすことによる効果が大きい」と孫社長。業界最下位だからこそ採れる戦略というわけだ。学生に強いKDDIの対抗策が注目される。

(撮影:尾形文繁 = 週刊東洋経済2月2日号より)

人気記事
トピックボードAD
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブルー・オーシャン教育戦略
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今だからこそ光る<br>絶好調企業の秘密

なぜあの会社の収益力は高いのか。パーク24、「かつや」のアークランドサービスなど17社の稼ぎの秘訣を大公開。テーマは「内需」「海外」「新市場創造」「重厚長大企業の復活」。産業天気図や出遅れ銘柄ランキング、株価10倍銘柄なども。