ハングリーであれ、愚かであれ。 スティーブ・ジョブズ 最強脳は不合理に働く 竹内一正著 ~諦めないことの大切さをジョブズを例に教える

ハングリーであれ、愚かであれ。 スティーブ・ジョブズ 最強脳は不合理に働く 竹内一正著 ~諦めないことの大切さをジョブズを例に教える

評者 中沢孝夫 福井県立大学特任教授

妥協しないで、目標に向かって努力することの大切さを、改めて教えてくれる。

アップルを創業し、かつ再生させたスティーブ・ジョブズはスタンフォード大学の講演で三つの話をしたという。一つは大学を中退する直前に偶然、履修した「装飾文字」の授業のこと。次に自分が作ったアップル社をクビになったこと。そしてもう一つが膵臓ガンを経験して意識した「死」について、である。それぞれがジョブズを成長させた原因としてつながっている。

そのうえで「君たちの時間は限られている。他人の人生を生きてはいけない」と語りかけている。

ジョブズは天才である。将来への夢あるいは計画に夢中になり、心配事や危険といった感情は押しのけられてしまう。マックの誕生もそうだったが、世界中を興奮のるつぼにたたき込んだアイフォーンはぶっちぎりにすばらしい。しかしその誕生までの歩みの陰に、なんと多くの「傷ついた人々」がいることか。

若き日のジョブズは「常軌を逸した気まぐれで無責任」な人間であり、他人を「自分の策略の片棒を担がせる道具」としか思っていなかった。それがアップルを追い出されてネクストを立ち上げてからずいぶんと変わった。人間にはやはり失敗と苦労が必要だ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。