ハングリーであれ、愚かであれ。 スティーブ・ジョブズ 最強脳は不合理に働く 竹内一正著 ~諦めないことの大切さをジョブズを例に教える


 ラットの実験例が紹介されている。それによれば、「できの悪い」ラットは学習時間が長いが、できがよく短時間で学習したラットよりも、より多くの「海馬の新生ニューロンを生き残らせた」そうである。つまり「諦めず努力することで脳は機能を高めていく」とのことである。ジョブズはそうだった。

著者はビジネスとは「制約の中で最適な解答を導き出す行為」と指摘しているが、まったく同感であ。

たけうち・かずまさ
オフィス・ケイ代表。1957年生まれ。徳島大学大学院修了、米ノースウェスタン大学客員研究員として材料工学を研究。松下電器産業に入社後、磁気記録メディア開発などに従事。アップルに転じ、MacOSのライセンス事業、PowerMacのマーケティングに携わる。

朝日新聞出版 1470円 231ページ

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT