年収3000万円、求む強烈なリーダーシップ--発毛クリニック「リーブ21」が次期社長を公募

年収3000万円、求む強烈なリーダーシップ--発毛クリニック「リーブ21」が次期社長を公募

発毛を専門に手掛けるリーブ21は、8月上旬に都内で会見を開き、創業者である岡村正勝・現社長(66)の後継者を、役員に特化した転職サイト「ビズリーチ」で公募すると発表した。年収3000万円以上、という報酬面の条件も明示している。

ただ、社長のヘッドハンティングを専門に手掛ける半蔵門パートナーズの大松尊社長は、「社長公募という方法はうまくいったケースがない」と指摘する。実際、社長公募を実施したユーシンは、今年秋ごろを予定していた次期社長への交代を「自動車業界への習熟が必要」と来年以降に先送りするなど、不透明さを増している。

リーブ21の岡村正勝社長に、社長公募の狙いを聞いた。

--今回、社長を公募する理由は何か。

リーブ21は創業35周年を迎えたが、実際に発毛クリニックとして営業を開始してからは18年、新卒の採用は13年目だ。社員は800人いるが、平均年齢は28歳。中途採用も若手中心で、今の社員の中から社長を選ぶには、経験や能力的に難しい。社長には全体の統率力、視野の広さといった器の大きさが必要だ。新しい社長の下、現在の社長中心の組織から、社長とマネジメントチームを中心とした組織に生まれ変わってもらいたい。

--ここに来て交代する理由は。

現在のリーブ21には、社長と平社員はいるが、経営幹部はいない、文鎮型の組織だ。経理以外の仕事はすべて私が処理しているが、私も60歳を過ぎ、体力的に限界を感じる。もう1つは、仕事だけの人生にとどまらず、自然の中で生きる第2の人生のスタートを切りたい。

--なぜ公募という手法で後継者を選ぶのか。

後継者不足の問題は認識していたが、特に後継者問題を意識するようになったのは、1~2年前からだ。ユーシンが後任社長を公募しているのを見たとき、さまざまな出会いがあり、大変よい取り組みだと思った。ビズリーチにお願いして、実務の仕切りを手配してもらった。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT