石田衣良は、なぜ出版業界に絶望したのか

「小説家と過ごす日曜日」に込めた思い

難しいと思われるかもしれないけど、誰にでも勉強すればできることなんですよ。たとえばCIAの日本担当、専門家がいますよね。日本に関するレポートを書いて、オバマ大統領にあげるというようなことをしている。でもその人たちは秘密の情報源は持っていないんです。先ほどいった世界観みたいなのを作って、ずっと日本をウォッチし続けているだけ。情報源の9割から9割5分はネットや新聞、週刊誌などオープンになっている情報です。

つまり、普通の人も勉強して世界観を作ってしまえば、情報機関の専門家に近いところまで行けるということです。

――誰でもスパイと同じぐらい、情報を扱う力を持てるということなんですね。『小説家と過ごす日曜日』でも、そういうテーマを扱いますか。

自分で考えるのは好きだけど、人にしゃべるのはあまり好きじゃないんだけどな(笑)。でも、皆さんが興味を持ってくださるようなら、取り上げるようにします。

ウェブメディアで伝えていきたいこと

――ウェブメディアで伝えていきたいことは何でしょう?

ネットを見ている人、テレビを見ている人、本を読んでいる人というふうに、今、バラバラになっていると思うんですね。お互いの世界をつなぎ合わせるようなメディアにしたいですね。たとえばネットしか見ない人には、本の面白さを伝え、本の読者にはネットの世界の面白さも伝えたいということです。

読み応えがある分量ですが、金曜発行なので、週末、寝る前に10分、15分、読んで楽しんでもらえればいいなと思います。読み手と個人的につながれるような感じ、そういうアットホームな雰囲気を意識しながら書いていくつもりです。それは文庫を買ってくださる、つまり50円を払ってくださる読者よりは、課金制のほうが厚めになりますから、そこの部分はちょっと心してやりたいと思っています。

――会員数はどのくらいを想定していますか。

課金額が高い分、小ロットでもボリュームが出るというのが特徴です。読者が1万人まで行けば、メルマガの世界ではかなりのトップランナーですよ。ただ、とはいえまだまだ、天井には達していないと思います。もう1ケタ2ケタ、増えてもおかしくないですよ。

そうやっていくつかの段階でうまく収益をあげていって、生活のためのベースを作るのが、これからの音楽家とか作家の新しいカタチかもしれません。そのためのテストケースになれると面白いなと思います。チャレンジしがいのある仕事です。

――小説への取り組みは?

「エブリスタ」で書いている「SAKASHIMA—東島進駐官養成高校の決闘」の前半がまとまりまして、近く講談社から発売される予定です。近未来の日本が舞台で、軍国主義の国という設定です。サカシマというのは、現代の日本のさかさまという意味も込めていますが、主人公の少年の名前でもあります。少年同士の陰謀、殺し合いなど、僕の好きな少年マンガの世界を意識して書いています。

――少年マンガは今でも読みますか。

子どもも読みますし、うちにはマンガ部屋もあります(笑)。藤田和日郎さんの『からくりサーカス』とか、田辺イエロウさんの『結界師』とか…。トップ5ぐらいまで言えますよ。少女マンガはやはり「24年組」に属する萩尾望都さん、大島弓子さん、山岸凉子さんなど、すばらしいと思います。マンガについてはあまり質問されることはないですが、面白いですね。ウェブメディアで取り上げようかな。

――意外な話も伺うことができました。ありがとうございました。

はい。「小説家と過ごす日曜日」は初月無料なので、気楽にのぞいてみてください。

(撮影:梅谷秀司)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • はじまりの食卓
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
給料 最新序列<br>生涯給料をグンと上げる技術

給料をアップさせるには、転職をするか、社内評価を高めるかのどちらか。独自試算した上場3227社の生涯給料ランキング、年齢×ポジション別年収マトリックスなど、公務員を含めた給料の現状と、具体的な引き上げ術を紹介する。