あなたにも出来る!社労士合格体験記(第35回)--「格差社会」で韓国中央日報から取材を受ける

あなたにも出来る!社労士合格体験記(第35回)--「格差社会」で韓国中央日報から取材を受ける

私は現在、職業訓練校の講師をしています。主に人事労務の法律知識を教えていますが、勉強することを媒介にして、受講生それぞれが自分を再発見して、人生の再スタートを切るための、リハビリテーションの期間にできればと考えています。

自分は何ができて、何がやりたいのか。何をしようとするときに頑張れるのか、何をしているときに輝いていると感じるのか。失業が長引き、五里霧中で職業訓練を受けたことから、社労士や他の資格への道が開けた私だからこそ、伝えられることがあるとも感じています。

毎日、受講生のスピーチを聞き、質問や相談を受け、自分なりに調べて答えることで、実は教えながら学んでいるということを痛感させられます。自分とは違う視点を発見することも面白い点です。私が海外好きなのも、カルチャーショックに惹かれるからかもしれません。

サラリーマン時代に後輩に接するときも、新しい発見をするとうれしくなったものです。90年代後半、JRAに初めて女性ジョッキーが誕生し、中でも増沢(旧姓牧原)由貴子騎手は、アイドル歌手並みの人気を博していました。そこに、彼女らと同世代の女性新人社員から、女性ジョッキーのビデオを作りたいという企画が提出されたときもそうでした。

そのフレッシュな企画を立案・制作した本多麻記子さんは、私が退職してからも、ちょうど視野が固まりがちになるタイミングで、面白い人々との出会いをセッティングしてくれる、とてもチャーミングな後輩です。

日本の格差社会の代表に

2006年3月、その本多さんから韓国の新聞、中央日報が日本の「格差社会」をテーマで取材先を探しているとのことで紹介を受けました。中高年齢にして、正規雇用から非正規雇用に転じたものの、それなりに楽しそうに生活している私なら、面白い話をしてくれるかもしれないと思ってくれたようでした。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT