有料会員限定

注目業界を徹底分析④「最高益」続出のメガバンク 三菱UFJ、三井住友、みずほの純益は計3兆円超

✎ 1〜 ✎ 10 ✎ 11 ✎ 12 ✎ 最新
拡大
縮小

マイナス金利導入から8年。銀行の「冬の時代」が終わろうとしている。

メガバンクの看板
(撮影:梅谷秀司)

特集「決算書で儲ける!」の他の記事を読む

株式投資を始めた個人投資家にとって、最も必要なのは決算書を読むスキルである。それはビジネスパーソンも同じ。『週刊東洋経済』6月8日号の第1特集は「決算書で儲ける!」だ。
『週刊東洋経済 2024年6/8号(決算書で儲ける!)[雑誌]』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。定期購読の申し込みはこちら

3メガバンクの業績が絶好調だ。2024年3月期決算は、三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)、三井住友FGは過去最高益をたたき出した。みずほFGを合わせた3社の純利益は3兆円を優に突破。25年3月期も最高益を更新する見通しだ。

企業の設備投資やM&A(合併・買収)による資金需要の拡大、円安、株高。銀行経営には多方面から追い風が吹いている。中でも決算への影響が大きいのは、待ちに待った「金利の上昇」だ。

「金利ある世界はプラスだ」。三菱UFJFGの亀澤宏規社長はそう話す。

利ザヤが拡大して収益を押し上げる

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
決算書で儲ける!
投資にもビジネスにも効く 「決算書で儲ける!」
億り人たちも読み込んでいる"経営の成績書"
投資・ビジネスに欠かせない55用語を一挙掲載
公認会計士・税理士・簿記講師の南伸一氏が解説
『「超」速読術』を書いた川口宏之氏が解説
米ディズニーによるFOX買収の効果を検証
30代で資産1億円の著名投資家はどう読む?
有望資格13種の受験者数や合格率を一挙掲載
海外戦略の違いが「決算書」から見えてくる
注目業界を徹底分析②円安と戦う100円ショップ
セリア、ワッツ、キャンドゥの営業利益率に差
パナも三菱電機もキャッシュフロー目標を開示
三菱UFJ、三井住友、みずほの純益は計3兆円超
ウエルシア、マツキヨココカラ、コスモス薬品…
営業利益5兆円超、ホンダや日産自動車を圧倒
しまむら&オンワードHDとの違いを"図解"
20年間の構造改革、第二の創業を決算書で見る
タイパを一気に引き上げる読み方をプロが解説
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内