ゴミ屋敷「"開かずの間"を開けてみた」驚愕の顛末 結婚相手にも秘密だった自宅をついに片付けた

✎ 1〜 ✎ 28 ✎ 29 ✎ 30 ✎ 31
拡大
縮小

ゴミ屋敷の住人のほとんどは私生活に何らかの問題を抱えていることが多い。心のダメージによって「セルフネグレクト」のような状態に陥り、部屋が荒れていってしまう。

しかし、この男性にはそういった“陰”がないのだ。ゴミ屋敷になってしまった経緯についても、恋人に部屋の状況をひた隠しにしていたことについても、笑いながらあっけらかんと話していた。

「自分の身の回りのことに執着がない方でした。とっておくモノも最小限で、“もう全部いらないです”と言って作業中は外に出ていました。

支払いは分割だったんですが、期日通りに振り込んでくれましたし、最後は結局まとめて支払っていたのでお金に困っている様子もなかったです。部屋の状況に悩んでいる様子もなく、ただただ片付けるのが面倒くさかった。それだけなんだと思います」(二見氏)

ゴミ屋敷の片付け後
ゴミ屋敷の片付け後
片付け後の部屋の様子。改めて、一人暮らしには広すぎる家だ(画像:「イーブイ片付けチャンネル」より)

 

必ずしも「ゴミ屋敷の住人=不幸」ではない

ゴミ屋敷連載
この連載の一覧はこちら

実際のところ、結婚という機会がなければこの男性も部屋を片付けようとはしなかっただろう。そして、変わらず趣味に忙しく楽しい人生を過ごしたかもしれない。ゴミ屋敷の住人としては、かなり珍しいタイプだそうだ。二見氏が続ける。

「この仕事を始めてしばらくは、ゴミの屋敷の住人が100人いたら100人が部屋の状況に思い悩んでいるものだと思っていたんです。もちろん、ほとんどの方が何かしら心に闇を抱えているんですが、すべてがそうではないことを知りました。

お金もあって私生活も充実していて人生を満喫しているけど、ただ部屋の片付けだけは面倒くさくてできないという人もいるんですよね。そういう人は僕らみたいな業者にパッと頼んで、お金で解決してもらったらいいと思うんです。それくらいドライなら僕らも“散らかったらまた頼んでくれるやろ”と心配せずにいられます」(二見氏)

男性も「どうせ頼むなら早く頼めばよかった」と笑う。

「(ゴミ屋敷に住んでいる人は)迷っているよりはもう頼んだほうがいいです早く。最初はこうやって動画撮られるのもどうかなと思っていたんですけど、戒めのためにもいいですわ(笑)」(男性)

イーブイによってこのゴミ屋敷は「なかったこと」になったのだ。そして、心機一転、結婚生活が始まる。

ゴミ屋敷の片付け後
片付け後の部屋を見て感激する家主(写真中央)。台所も綺麗に片付いた(画像:「イーブイ片付けチャンネル」より)
國友 公司 ルポライター

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

くにとも こうじ / Kozi Kunitomo

1992年生まれ。筑波大学芸術専門学群在学中よりライターとして活動。訳アリな人々との現地での交流を綴った著書『ルポ西成 七十八日間ドヤ街生活』(彩図社)が文庫版も合わせて6万部を超えるロングセラーに。そのほかの著書に『ルポ路上生活』(KADOKAWA)、『ルポ歌舞伎町』(彩図社)がある。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT