「料金未納女性のゴミ屋敷」何度も片付けする事情 片付け費用を支払わず3回目の依頼をした女性

✎ 1〜 ✎ 27 ✎ 28 ✎ 29 ✎ 30
拡大
縮小
ゴミ屋敷
何度もゴミ屋敷になってしまった女性。ゴミの山のくぼみで眠っていた(画像:「イーブイ片付けチャンネル」より)
ゴミ屋敷となった自宅の清掃を業者に依頼するも、料金を支払わずに音信不通となった30代の女性。その後、再びゴミ屋敷になってしまった女性は未納のまま同じ業者に依頼をし、その料金も支払わないまま1年以上が経過していた。
その清掃を担当したのは、ゴミ屋敷の片付け・不用品回収の専門業者「イーブイ」(大阪府)だ。YouTube「イーブイ片付けチャンネル」で多くの事例を配信する二見文直社長(以下、二見氏)が、料金未納の女性と対面した。女性は何を語るのか。
本連載では、さまざまな事情を抱え「ゴミ屋敷」となってしまった家に暮らす人たちの“孤独”と、片付けの先に見いだした“希望”に焦点をあてる。
動画:「またゴミ屋敷を片付けたい」2回目のSOS後に連絡がつかなかった理由

料金未納のまま連絡が途絶えた依頼者

1度目の依頼は2021年10月のことだった。その様子は、本連載で過去に配信した「『元は掃除好き』ゴミ屋敷で寝る30代女性の苦悩」で細かに綴っている。

当時、関西地方で看護師として働いていた女性は、ゴミで埋め尽くされたワンルームマンションの一室にできた「くぼみ」で眠り、疲れも取れないまま病院の夜勤に向かっていた。

部屋が散らかってしまったのは、マンションのゴミ出しの時間がきっかけだったという。物件の管理側からきっちり指定されたゴミ出しのスケジュールに、タイミングがどうしても合わなかったそうだ。

次第にゴミが溜まっていき、あるときを境に自分一人では対処できない量まで膨れ上がってしまった。

ゴミ屋敷
床が見えないほどにゴミ屋敷化してしまった部屋(画像:「イーブイ片付けチャンネル」より)
次ページ女性も「救われました」と前を向いていたが…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT