いなば食品「仰天リリース」意外と逃げ切れる背景 ただし、売上への影響小でも「恐れるべきこと」

拡大
縮小
CIAOちゅ~る
愛猫家にはお馴染みの大ヒット商品「CIAOちゅ~る」。トラブルが売上減につながることはない?(写真:いなばペットフード公式ホームページより)

4月11日、テレビCMでお馴染みの猫用おやつ「CIAOちゅ~る」やツナ缶で有名な大手企業・いなば食品で新卒採用者の大量入社辞退が発生したと『週刊文春』が報じました。

「近頃の若者はこらえ性が……」といなば食品に同情しかけたところで、併せて文春が報じた同社の社宅のオンボロぶりと、この報道に対する「ボロ家報道について」という身も蓋もない正式プレスリリースに目を疑いました。

上場はしていませんが、4000人以上の従業員を抱え、売上高1000憶円を超える大企業の対応とは思えません。このトラブル、そしてそこへの対応は同社の経営に影響するのか検証してみます。

「ボロ家」と自分で言ってしまう危機管理のなさ

文春報道が火を点けた、いなば食品のトラブル。それは新卒採用で静岡工場へ配属予定だった内定者の9割が入社を辞退したというもの。

私は20年ほどコンサルタントと大学教員の二足のわらじを履き続けていますが、就職活動を控えた学生に食品会社は今も昔も大人気です。インターネット就活が大繁盛している中、さらにコロナで学生の情報ルートが分散したことで、これまで以上に食品会社、特にいなば食品のような知名度の高い企業の人気は爆上がり状態となりました。

そのような中、人気業界で9割の入社辞退とは尋常ではありません。文春によれば、社宅としてその新入社員たちが住む予定の建物が相当な年代物だったと、写真付きで状態が報じられています。

次ページ書き換えられた、いなば食品のプレスリリース
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT