大谷の「ドジャース流起用法」カギ握る監督の采配 天秤にかけられる「チームの勝利」と「個人記録」

拡大
縮小
現役時代は俊足巧打の外野手として鳴らしたロバーツ監督
昨季まで11年連続でポストシーズン進出中のドジャース。率いるのは沖縄生まれの日系アメリカ人、デーブ・ロバーツ監督だ。スター選手揃いのドジャースでは目立たない監督だが、その手腕はどう評価されているのか?
半世紀以上にわたったMLBを見続けてきた大リーグ評論家・福島良一氏、日本語版公式「MLB.JP」の村田洋輔編集長、MLB中継の実況担当・DJケチャップ氏3人の共著『ドジャース大谷翔平を徹底解剖! MLBを100倍楽しむ本 2024年版』から一部引用・再編集して、ロバーツ監督の戦術と大谷起用法について論じます。

実はあまり権限が大きくないロバーツ監督

DJケチャップ(以下、ケチャップ) ロバーツ監督は投手交代のタイミングについて、僕はあまり上手ではない監督だと見ています。

福島良一(以下、福島) 確かに、そこはメディアから時折、批判されていますね。

村田洋輔(以下、村田) ロバーツ監督が持っている権限は、そもそもそんなに大きくないんです。

今のMLBは、球団側が「全権を差し上げます。采配してください」というクラスの名将を除いて、だいたいが基本的にはフロントの“操り人形”となるケースが多い。

戦術から選手の起用法まで、フロントが全部プランを考えているんです。

次ページ先発投手も一人では決められない
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT