「子どもへの医療」こそ、世の中で"最高の投資"だ カンボジアの医療に学ぶ"お金のリテラシー"

拡大
縮小
カンボジア
手術前の1歳小児がん患者の男の子。「投資のエバンジェリスト」加藤航介氏が、国際的な寄付やボランティアよりお金のリテラシーを考察する(写真:ジャパンハート提供)
アジアの最貧国の一つであるカンボジアでは、寄付金を原資に小児がんの治療を行っている国際医療NGO「ジャパンハート」が医療拠点を構える。
2024年より新NISAが始まり日本では新しい「お金の社会参加」が盛り上がりを見せているが、寄付や投資を通じてお金を人に託すという本質とは何なのか――。
国内外の投資会社でファンドマネージャーや投資啓発などの要職を20年経験後、投資の研究と教育を行うWealthPark研究所を設立した加藤航介氏。
英米で10年を過ごし、世界30カ国以上での経済・投資調査の経験を持つ「投資のエバンジェリスト」加藤氏が、国際的な寄付やボランティアよりお金のリテラシーを考察する。

カンボジアで年100人の小児がん患者の命を救う活動

日本から飛行機を乗り継いで10時間。カンボジアの首都プノンペンから、車で約1時間北上した先に、ウドンという街がある。

ここには国際医療NGO「ジャパンハート」の医療センターがあり、小児がんの治療を中心に活動をしている。

日本では8割が治ると言われる小児がんだが、社会インフラや医療サービスが乏しいカンボジアでは2割しか治癒しない

ジャパンハートの活動は、年間10億円程度の寄付金、日本からの定期・不定期で訪れる医師などのボランティアスタッフ、そして現地メンバーを中心とした有給スタッフで運営されている。

医療資源が限られるなか、高額な設備投資が求められず、治療薬も入手可能である小児がんを中心とした治療体制を敷くことで、現在では年間を通じて常時30名が入院、年間では100名の小児がんの治療が行えている。

小児がんに対する国際連合や世界保健機構の姿勢も後押しし、「小児がんは治る病」という認知もカンボジア現地で広がりつつある

カンボジア 医師
筆者の加藤氏と編集者で訪れた「ジャパンハートこども医療センター」(カンボジア)の玄関にて。インタビューは現地で行われた。左が神白(こうじろ)院長。

次ページ「足りないのは何ですか?」
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT