今さら聞けない「アメリカが超大国である」理由 「アメリカ・ファースト」がもたらす未来とは?

拡大
縮小
会話をする男の子
そもそも「アメリカが超大国である理由」は何なのでしょうか?(イラスト:松浦まどか)
この記事の画像を見る(1枚)
「超大国アメリカ」。疑いようもない事実ですが、そもそもなぜアメリカがそのような立場にいるのか知っていますか? 4月3日に発売された『まんがでわかる13歳からの地政学』から一部抜粋のうえ、再編集してお届けします。

世界中の貿易の9割以上が船を使っている

まんがでわかる 13歳からの地政学: カイゾクとの地球儀航海
『まんがでわかる 13歳からの地政学 カイゾクとの地球儀航海』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

世界にはまだ貧しい地域もありますが、全体でみると第2次世界大戦後、圧倒的に豊かになりました。

世界全体の国内総生産(GDP)は1960年に比べて現在は60倍以上にふくらみましたそれを支えてきたのは、貿易の増加です。世界全体の貿易額は1960年と比べると200倍以上に増えました。

その大半は船による貿易ですが、昔から世界を行き交う船は海賊におびやかされてきました。ある国が勝手に海上ルートを封鎖したりすることも多く起こってきました。海で物を運ぶには安全さが欠かせません

(出所:『まんがでわかる13歳からの地政学』、イラスト:松浦まどか)
次ページ誰が海の安全を守っているのか?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【逆転合格の作法】「日本一生徒の多い社会科講師」が語る、東大受験突破の根底条件
【逆転合格の作法】「日本一生徒の多い社会科講師」が語る、東大受験突破の根底条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT