「花山天皇を出家させる」藤原道兼の痛烈な裏切り 懐仁親王の即位を早めるために兼家親子で画策

拡大
縮小
光る君へ 大河ドラマ 花山天皇
花山天皇演じる本郷奏多さん(写真:大河ドラマ公式インスタより引用)
今年の大河ドラマ『光る君へ』は、紫式部が主人公。主役を吉高由里子さんが務めています。今回は花山天皇の出家の背景にある、藤原兼家親子の画策を紹介します。

著者フォローをすると、連載の新しい記事が公開されたときにお知らせメールが届きます。

『大鏡』(平安時代後期に成立した歴史物語)は、藤原道長のことを豪胆な人物として描いています(過去記事:花山天皇も驚いた「藤原道長」の豪胆すぎる性格)。

『栄花物語』(平安時代後期の歴史物語)もまた、若き頃(20歳頃)の道長を「容姿や気性が男らしく、自らに心を寄せる者に目をかけて庇護し」と絶賛しています。

作者の道長に対する賛美の姿勢が強く、はたして、これが道長の真の姿だったかと言われたら、疑問が残るところですが、功成り名遂げた後に、賛美の言葉が出てくるというのは、今も昔も同じと言えましょう。

道長のライバルが先に出世

しかし、道長であれども、最初から他人を圧倒するほどの出世の仕方をしたわけではありません。

道長は、980年正月に従五位下に任じられます。「影を踏まないで、顔を踏みつけてやる」(『大鏡』)と道長が息巻いたライバルの藤原公任は、同年2月には正五位下に叙されて、昇殿(清涼殿の殿上の間に昇ること)まで許されていたため、道長よりも早く出世しました。

この出世は、公任の父・藤原頼忠が関白・太政大臣だったことが大きいでしょう(道長の父・藤原兼家は右大臣でした)。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT