ジャケットの下のセーターが野暮ったい人の盲点 ビジネスシーンで使えるニットアイテムの選び方

✎ 1〜 ✎ 35 ✎ 36 ✎ 37 ✎ 38
拡大
縮小
(写真:jessie/PIXTA)

「スーツ以外」のビジネスウエア定着に伴い、残念な着こなしも増えています。なかでも真冬のオフィスでは、ジャケットを脱いだ瞬間、重ねていたセーターやカーディガン姿が、野暮ったくなる人も少なくありません。

「ジャケットを脱いだ途端に、違和感がある」という経験はありませんか。これは試着の段階で、ニットアイテムの色は意識したけれども「生地感」という視点が欠けているときに起こるもの。

そこで今回は、ビジネスシーンで失敗しない「セーターやカーディガン生地を見分けるコツ」について、のべ5134人のビジネスマンの買い物に同行してきた服のコンサルタントが解説します。

「ヤギの毛」であるカシミヤの特徴

セーターやカーディガンのような編み物はニットアイテムと呼ばれ、「ジャケットに挟む着こなし」も一般的になりました。ところが値札にある素材表記については、ピンときていない方も多いようです。

「高級感といえば、ウールよりカシミヤ」というイメージは、誰もが理解するところ。またウールとカシミヤが混ざったセーターもよく見かけますよね。ですがアクリルやナイロンといった化学繊維については、その特徴をイメージしづらいのではないでしょうか。

生地の特徴を理解することで、セーターやカーディガンの選び方もガラッと変わるため、まずは見落としがちなカシミヤの特徴についてお伝えします。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT