「ジャケットが安っぽく見える人」の意外な理由 2万円以下でも安モノに見えないジャケット選び

✎ 1〜 ✎ 31 ✎ 32 ✎ 33 ✎ 最新
拡大
縮小
リーズナブルでも安っぽく見えないジャケットはどう選べばいいのでしょうか(写真:kapinon/PIXTA)

ここ数年でリーズナブルな価格のビジネスアイテムが増えてきたことは、「良い現象」だと思われがちですが、選び方や着こなし次第では、安っぽさが悪目立ちするリスクもあります。

リーズナブルなジャケットが安っぽく見える問題は、「カジュアルとビジネスジャケットの混在」が関係しています。というのも近年加速した働き方の多様化の影響を受け、紳士服量販店でも「ジャケット風の上着」が増えてきているからです。

つまりわれわれは、これまで以上にドレス感を誤解しやすい環境を生きています。安っぽく見えるものを掴んでしまわないよう「令和におけるリーズナブルなジャケット選び」について、のべ5134人のビジネスマンの買い物に同行してきた服のコンサルタントがお伝えします。

2種類に分かれる低価格ジャケット

カジュアルな型紙でできたオフィスカジュアル専用ジャケット(写真:筆者撮影)

これまで低価格のジャケットといえば、ビジネスシーンでよく使われる「スーツジャケットに近い型紙」が主流でした。天然繊維のウールではなく、ポリエステルなどの化学繊維によって低価格を実現したジャケットは、合わせ方によって好印象も演出可能です。

ところが2010年代後半ころから、スニーカー通勤やビジネスリュックが想像以上に浸透してきたことは周知のとおり。その影響から、ワイシャツではないクルーネックTやニットを合わせるオフィスカジュアル用ジャケットも増えていたのです。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT