テレビ事業再建に逡巡、パナソニックの窮地 


 一方、サムスン電子などの韓国企業は、ウォン安を追い風に価格攻勢を強める。テレビ市場が成熟化する中、国内生産はますます不利になっている。ソニーは台湾企業へ生産委託を進め、シャープはテレビ用液晶パネル事業を縮小するなど再構築を図っているが、パナソニックは「来年度の黒字化に向け、まだ詰めているところ」(上野山実常務)と動きが鈍い。

成長分野と位置づけ、三洋電機の買収で強化を図る電池などのエナジー事業でも、韓国勢の追い上げが著しい。事業の中核を成すリチウムイオン電池では10年、三洋が守ってきた世界首位の座をサムスン系企業に明け渡した。

「家電から環境エナジーに転換するコンセプトの理解は進んでいるが、業績に占めるウエートはまだ低い」(上野山常務)。問われているのは経営のスピード。早急に改革できなければ、このままジリ貧になりかねない。

パナソニックの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

(西澤佑介 =週刊東洋経済2011年7月2日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT