今のグーグルがわかる!最新16のニュース

「青田買い」の批判は、的外れも甚だしい!

続いて、「やっぱりグーグル」なニュース。人材確保でいえば、「グーグルが東大で『青田買い』のような動きをしている」と指摘するニュースもあった。優秀な人材を積極的に採用し、よりよい仕事ができる環境を整備することがグーグル自体の好循環の源になっている。これを本国アメリカのみならず世界中で行っているのだ。

この動きに対し、日本では「青田買い」といった批判もあるようだが、的外れも甚だしい。グーグルが優秀な人材を独占しているわけではないのだから、日本の企業が積極的に採用すればよいではないか。

「グーグル対アップル」の見方は正しいか

グーグルのビジョンといえば「インターネット上の情報を再整理すること」であったが、『Googleがオンライン3D博物館を公開。古代の呪具から鰐の頭骨まで数百点を高精度3Dスキャン』(Engadget)というニュースを見ていると、これまでのビジョンを越えてしまったように思える。それはつまり、インターネット上に存在しないものは自らアップロードし整理しているのだ。

多くの人が「グーグル対アップル」という構図を描きがちであるが両者のビジネスモデルは異なり、グーグルはAndroidを提供しているものの、アップルやiOSを直接的に敵視していない。『Google、初のApple Watchアプリ「ニュース&天気情報」を公開』(TechCrunch Japan)というニュースでもわかるように、経営判断はフラットな目線であり、自社にとって利益があると見込めば、積極的にサービスやアプリを提供している。

「提供」とえいば、YouTubeに関して、『YouTube×時代劇 東映、太秦映画村の本格セットをクリエイターに無料公開』(ITmedia ニュース)というニュース。日本では六本木にあるスタジオ「YouTube Space」など、個人で用意するには負担が大きすぎる機材や環境を提供し、一般人でも気軽に動画を作れるようにするという。こういったアプローチはほかの企業にはなかなかできないことだろう。

※ 続きの「グーグルの誤算」「グーグルの弱点」は、週刊『夏野総研』のブロマガでご覧ください!

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。