グーグルとアマゾン、「DNA解析」を巡って熱戦

クラウドの最先端で起きていること

遺伝子解析を巡り、アマゾンとグーグルが熱い戦いを繰り広げている(写真:icetray / PIXTA)

Amazon.comとGoogleは、ヒトDNAに関するデータ集積を競い合っている。科学者たちによる新たな医学的発見を支えるという栄誉、そして、2018年までに年間10億ドルに達すると考えられるこのビジネスにおける、高い市場占有率を獲得するのが狙いだ。

研究者や業界のコンサルタント、アナリストへのインタビューによれば、学術機関や医療関連企業は、クラウドコンピューティングのサービスに関して、Google Genomics派とAmazon Web Services派に分かれており、注目度の高い遺伝子ビジネスにおける2社の競争に拍車がかかっているという。

なぜクラウドを使うのか

遺伝子ビジネスの拡大は、とりわけ個別化医療の推進によって後押しされているが、個別化医療は患者のDNA特性に基づく治療を目指す。個別化医療を実現するには、膨大な量のデータによって、それぞれ固有の遺伝子特性が多様な治療に対してどのような反応を示すかを明らかにする必要がある。

すでに、大学や製薬企業は数十万名分のヒトゲノム配列を決定するプロジェクトに着手している。ヒトゲノムとは、DNA、すなわち遺伝物質の総体のことだが、そのコピーは体のほぼ全ての細胞にみられる。

クライアントは、なぜ自身のコンピュータを使用しないのか。それは自身のコンピュータよりも、GoogleやAmazonの方が遺伝子データの集積に優れており、安全性の保持、費用の抑制、容易なデータ共有が可能だと考えているからだ。

次ページクラウド企業がやっていることとは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。