日本の野菜種子は、なぜ海外でウケるのか

サカタのタネが170カ国以上で売れる秘密

農家を悩ませる病気にも強い大玉トマト「麗旬」
農家が作り、誰もが口にする野菜。ではその作物の元になる種はどこから来るのか。現在流通する野菜の多くは、種苗会社が生産した種から作られている。そんな種苗業界の国内トップ企業「サカタのタネ」(横浜市)。現在海外を中心に売り上げを伸ばし、全体の売上高について占める比率は5割に迫っている。なぜ種苗という産業が必要なのか。日本の種が外国で売れる理由や、サカタの強みについて、坂田宏社長に聞いた。

――海外での売り上げが全体の約5割にもなる。なぜ日本の種が世界で売れるのか。

まず日本の厳しい自然環境が関係している。梅雨、台風、温度格差、多湿に伴う病気など様々なリスクが日本にはある。こういう厳しい条件下で選ばれたものは、いろいろな場所に適応可能なので、日本の種は海外でも通用する。特に伸びているのは中国やインドといった新興国だ。人口が増えているので野菜摂取量も多くなる。

食の西洋化も、中国向けが伸びている一つの要因だ。もともと中国にはいろいろな野菜があるが、ブロッコリーやカリフラワーなど、これまであまり食べる機会がなかった野菜も食べるようになった。さらにブロッコリーはガン予防に効くという発表もあり、消費が伸びている。

研究開発には10年以上かける

また、いかに現地のニーズに合わせられるかも重要だ。いい例がトマト。日本のトマトはピンク系だが、海外は赤が主流。各国で栽培方法も土壌も、かかる病気も違う。消費者の立場からいうと、酸度と糖度のバランスや、見た目に対する要求が違う。

こうした需要をくみ取るため、海外拠点のトップは現地の人にやってもらっている。そうとう調査したうえで、研究開発には10~15年かける。こうして他社にはないものを作るのがうちの強み。開発に必要な遺伝子の情報、つまり種は何万と所有している。適したものがなければ、素材集めから始める。

――生産者は自分で作った種を使えばいいのでは。なぜわざわざ買う必要があるのか。

私どもが売っているのはF1という特定の性質を持つ親から生産した種子。色や形、サイズ、収穫量など様々な点で親より優れている。

次ページ日本で種苗が発展した理由は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。