意外と豊富!疲れた胃を癒すコンビニ飯は?

消化を助ける、粘膜を保護する食材を知ろう

普段のコンビニ飯でも、胃痛対策を!(写真:Wayne_PHOTO / Imasia)

お花見や歓送迎会など、春のイベントシーズンが到来しましたね。飲みすぎ食べすぎによる「胸やけ」「胃もたれ」は大丈夫ですか? 特に胃に関しては注意が必要。春は「胃痛」が起きやすい季節でもあるのです。暴飲・暴食の心当たりがないのに胃の具合が悪い方は、季節のせいかもしれません。

季節によって旬の食べ物や動物の習性が違うように、人にも季節独特のカラダ悩みが出てきます。胃腸絡みもその一つ。寒い冬から、日に日に暖かくなる春は、胃酸の分泌が増えやすい季節と考えられています。

30代以降、悩みを抱える人が増加

胃酸は食べ物を消化する際に必要となる大切な消化液ですが、分泌過多になると、胃がキリキリ痛みやすくなります。また、すぐに胸やけを起こす、背中が痛くなる、などの症状も、胃痛の前兆と考えられます。

厚生労働省の統計によると「胃もたれ・胸やけ」に悩む人口は男性20.8%、女性29.3%、「腹痛・胃痛」に悩む人口は男性14.9%、女性23.5%(平成25年度国民生活基礎調査)となっており、35%以上の方が胃腸になんらかの不調を感じていることになります。

年代別に見ると、特に「胃もたれ・むねやけ」は男女とも30代以降から、年齢と共に数値が増加しています。仕事の責任や家庭事情が重くのしかかることによるストレスが、原因の一つとして挙げられています。

次ページこんな行動に覚えのある方は要注意!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT