C型肝炎に"特効薬"、沸き上がる期待と不安

治癒率は驚異の96%、第2弾も発売目前

ソバルディ(写真)とハーボニは合わせて31万人に処方されている(写真:Newscom/アフロ)

1日1錠6万1799円――。高額だが効果が高いC型肝炎の特効薬「ソバルディ」が、5月25日に日本で発売された。

これに先立つ5月18日には、厚生労働省が肝炎治療戦略会議を開き、ソバルディによる治療を医療費助成の対象とする方針を決めた。患者は月額最大2万円の自己負担で治療を受けられるようになる。

従来の治療法は難点が多かった

C型肝炎ウイルスに感染すると、自覚症状がないまま、約20年で3~4割が肝硬変に至る。さらに進行すると、がんの中でも、特に死亡率が高い肝臓がんを発症する。肝臓がんの9割を占める肝細胞がんは、7割がC型肝炎を原因とするものだ。

国内のウイルス感染者は150万~200万人とされる。20年以上にわたり、主な治療法は患者の免疫力を高める作用を持つ、インターフェロンの注射だった。ただ、この治療法は鬱や発熱、脱毛など副作用がきつく、負担に耐えられない高齢者が多い難点がある。治療期間も半年から1年と長期にわたる。

一方のソバルディは大きな副作用がなく、治療期間も12週間と短い。対象はウイルスの遺伝子型が2a型、2b型のC型肝炎で、感染者の3割が該当する。国内の臨床試験では患者の96%が治癒するという高い効果を示した。

次ページもう1つの新薬は、さらにスゴい!
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT