C型肝炎に"特効薬"、沸き上がる期待と不安

治癒率は驚異の96%、第2弾も発売目前

ソバルディ(写真)とハーボニは合わせて31万人に処方されている(写真:Newscom/アフロ)

1日1錠6万1799円――。高額だが効果が高いC型肝炎の特効薬「ソバルディ」が、5月25日に日本で発売された。

これに先立つ5月18日には、厚生労働省が肝炎治療戦略会議を開き、ソバルディによる治療を医療費助成の対象とする方針を決めた。患者は月額最大2万円の自己負担で治療を受けられるようになる。

従来の治療法は難点が多かった

C型肝炎ウイルスに感染すると、自覚症状がないまま、約20年で3~4割が肝硬変に至る。さらに進行すると、がんの中でも、特に死亡率が高い肝臓がんを発症する。肝臓がんの9割を占める肝細胞がんは、7割がC型肝炎を原因とするものだ。

国内のウイルス感染者は150万~200万人とされる。20年以上にわたり、主な治療法は患者の免疫力を高める作用を持つ、インターフェロンの注射だった。ただ、この治療法は鬱や発熱、脱毛など副作用がきつく、負担に耐えられない高齢者が多い難点がある。治療期間も半年から1年と長期にわたる。

一方のソバルディは大きな副作用がなく、治療期間も12週間と短い。対象はウイルスの遺伝子型が2a型、2b型のC型肝炎で、感染者の3割が該当する。国内の臨床試験では患者の96%が治癒するという高い効果を示した。

次ページもう1つの新薬は、さらにスゴい!
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT