風邪薬と栄養ドリンクの「同時飲み」は危険!

薬剤師が教える、薬の怖い飲み方

(写真:417pp / PIXTA)
 医者に行く時間なんてなかなか取れない、体調が悪くなったらとりあえず常備薬を飲む、という社会人は多いはず。しかし、そのときの薬の飲み方が間違っている人が多い!と薬剤師の小谷寿美子氏は指摘します。
 いったい何がどう間違っているのか? 今回の記事では「薬の危ない飲み方」について紹介します。

気温の変化が大きい今の季節、風邪を引いている人も少なくないのではないでしょうか。

 しかし、薬剤師から見れば、ちょっと困った飲み方もよく見かけます。3月に『その薬があなたを殺す!』(SBクリエイティブ)という本でいくつかをご紹介させていただきましたが、心の中で「そんな飲み方をすると、体を壊すのに……」と思うこともたくさんあります。

そこで、今回は「多くの方がやっているけど、意外と怖い薬の飲み方」について紹介させていただきたいと思います。

その風邪薬の飲み方、大丈夫?

「治らないから」といって、食後1錠ずつ、というところを、2錠飲んだり、症状が出るたびにいい加減に飲んだり、という方がけっこういます(頻繁に同じ薬を買い求めにこられるので、薬剤師にはわかるのです)。これは、絶対にダメです。

次ページ風邪薬にも「副作用」はある
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。