危険な脂肪肝の改善に効く意外な食材とは?

放っておくと肝硬変や肝臓がんを引き起こす

Ask Doctors」はネットで医師に相談できる医療Q&Aサイトです。写真は沖漬けなどの酒肴として人気が高いホタルイカ(写真:miriambee/ PIXTA)

外に出てもオフィスにいても蒸し暑い……。こんな日は、冷えたビール片手にビアガーデンで暑気払い!

お酒を頂くのが楽しい季節がもうすぐやってきます。とはいえ、やはり飲み過ぎには注意したいところです。

飲み過ぎや食べ過ぎなどで肝臓に中性脂肪やコレステロールが溜まった状態を指す脂肪肝。放っておくと、肝硬変や肝臓がんを引き起こすとされています。

上の画像をクリックすると提供元のアスクドクターズ(運営:エムスリー)に遷移します。

さらに、肝臓についた脂肪は、肝臓以外の部位でも、血糖値を下げるインスリンの働きを妨げるといった研究結果が、金沢大学の研究チームによって発表されました。2012年のことです。

そんな中、2015年4月に同大学の別の研究チームが、脂肪肝における肝障害から肝臓の修復を促進させるタンパク質「Gadd34」を初めて特定しました。

Gadd34というタンパク質は、脂肪肝の肝臓の修復を促進する作用があり、肝臓手術からの回復遅延や肝障害の悪化などの脂肪肝の抱える合併症の予防や治療につながることが期待されます。

肝臓を労わる酒の肴とは?

そうはいっても、お酒はなかなかやめられないもの。ならば、お酒と一緒に食べる「おつまみ」で頑張っている肝臓をサポートしてあげましょう。

2012年3月には、富山短期大学の研究グループによって、ホタルイカの内臓に肝臓脂質を低下させる効果がみられるとする研究結果が発表されています。ホタルイカをラットに投与し、血中および肝臓脂質への影響について検討を行った結果、血中および肝臓の脂質を低下させる作用のあることがわかったことを明らかにしました。

ホタルイカは、沖漬けなど酒肴としても人気が高い食材だけに、お酒の席で一緒に頂くことで、肝臓を労わりながらお酒を楽しめそうです。

次ページ脂肪肝を改善するのは、この肉だ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT