令和の今でも「大奥」ドラマ化され続ける深い意味 刑事ものや医療ものに匹敵する鉄板コンテンツ

拡大
縮小
大奥の内情を男女逆転して描いた異色作『大奥』が、現在、NHKで放送されている(写真:NHK)
“大奥”が人気である。流行語大賞にノミネートされてもよかったのではないかと思うくらいだ。大奥とは「江戸城本丸の一部で、将軍の夫人である御台所と側室の住居。男子禁制だった」(広辞苑第六版より)。その大奥の内情を男女逆転して描いた異色作『大奥』が、現在、NHKで放送されている(火曜よる10時〜)。

「男女入れ替え」設定でも史実に忠実

よしながふみの漫画が原作の『大奥』は、男性だけがかかる病・赤面疱瘡によって、男性の人口が激減した江戸時代、女性が政(まつりごと)を担い、男性は子孫を増やすための存在と化したという大胆な発想で、260年もの江戸幕府の歴史を描ききる大作である。

多くの賞を受賞している原作漫画は全19巻が発売され、ドラマはSeason1とSeason2の2期に分けて放送された(現在放送されているのはSeason2)。これが男女を入れ替えているにもかかわらず史実に忠実で重厚感があると好評で、大河ドラマとしても見ることができるという高評価もSNSでは飛び交うほどなのだ。

『大奥』は現在、クライマックスの幕末編が放送中で、12月12日(火)が最終回の予定。『大奥』ロスになりそうなところ、2024年1月から、フジテレビで『大奥』(木曜10時〜)が始まる。

こちらは、男女逆転ではなく、御台所と側室の住居としての大奥そのものの物語である。小芝風花を主演に抜擢し、10代将軍・家治(亀梨和也)の時代、彼に嫁いだ皇族の五十宮倫子(小芝)が陰謀渦巻く大奥でサヴァイヴする物語になる。

趣向は違えど、なぜ、今、『大奥』がドラマ化され続けているのか。そこには、女性の社会的地位向上の歴史が見える。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT