月9「真夏のシンデレラ」はただイタいドラマなのか 「古い」「ダサい」酷評だらけのスタートだが…

拡大
縮小
新人脚本家が作り出す、王道ラブストーリーの気になる評価は?(画像:フジテレビ公式ホームページ)

夏ドラマの主要作が出そろい、豪華キャストが集結した「VIVANT」(TBS系)、池井戸潤さんの小説を実写化した「ハヤブサ消防団」(テレビ朝日系)、ひさびさに芦田愛菜さんが連ドラ出演する「最高の教師 1年後、私は生徒に■された」(日本テレビ系)などの局を挙げた力作が話題を集めています。

「古い」「面白くない」などのネガティブなスタート

さまざまなジャンルの作品がそろう中、ここまで賛否の“否”や疑問の声が目立つのが、今クールの月9ドラマ、「真夏のシンデレラ」(フジテレビ系)。森七菜さん、間宮祥太朗さん、神尾楓珠さん、吉川愛さんら“若手キャストをそろえた海辺の青春群像ラブストーリー”というコンセプトは、「月9ドラマ全盛期」と言われる1990年代を彷彿させるものですが、これに厳しい声が集まっているようです。

たとえば、ツイッターの検索窓にタイトルを入れると予測変換で表示されるのは、「ダサい」「つまらない」「古い」「面白くない」などのネガティブなものばかり。ツイートやネット記事のコメント欄を見ても、「ダサい、痛い、寒いの三拍子」「男女の描かれ方が昭和?平成初期?」「フジテレビは過去の栄光にすがりすぎ」などの辛辣な声があるなど、不安を残すスタートとなりました。

しかし、どんなに厳しい声が多くても、「真夏のシンデレラ」にはどうしても目が離せない3つの要素があるのです。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT