中国テンセント「成長トレンド復帰」が示す底力 リストラ経て稼ぐ力を強化、AIの導入も着々

✎ 1〜 ✎ 1349 ✎ 1350 ✎ 1351 ✎ 最新
拡大
縮小
中国のネット業界全体の成長が鈍化するなか、テンセントは先んじて成長トレンドに復帰した(同社ウェブサイトより)

中国のネットサービス大手、騰訊控股(テンセント)の業績が持続的な回復を見せている。

同社は11月15日、2023年7~9月期の決算を発表。売上高は1~3月期以降の増収トレンドを引き継ぎ、前年同期比10%増の1546億2500万元(約3兆2125億円)を計上した。投資損益やストックオプションなどを差し引いた非国際会計基準(非IFRS)の純利益は449億2100万元(約9333億円)と、前年同期比39%の増益となった。

「高い質を伴う成長フェーズ」

「2021年から2022年にかけては売上高の伸びが鈍化し、利益については減少を余儀なくされた四半期もあった。だが、2023年に入ってからは売上高の安定した成長が、それを上回るペースの利益増加につながっている」

テンセント総裁(社長に相当)の劉熾平氏は決算説明会でそう述べ、好循環の背景を次のように語った。

「わが社は高い質を伴う売上高の成長フェーズに入った。その駆動力となったのは、非中核事業からの撤退、マーケティング費用の圧縮、社内組織の最適化など(2年前から進めてきたリストラの成果)だ」

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT