原発事故について、政府や東京電力の情報公開は十分か?--東洋経済1000人意識調査

原発事故について、政府や東京電力の情報公開は十分か?--東洋経済1000人意識調査

福島原発の事故について、「情報の開示があまりに遅い」と批判が出ている。

今回の事故をめぐる政府や東京電力の情報開示について、有権者は十分であると感じているのだろうか。1000人に調査を行った。

全体では「政府と東京電力ともに、必要な情報を公開しているとは思えない」と答えた割合が75.4%と圧倒的に高く、世代、性別、地域に寄らず、ほぼ同じ結果が出ている。

また、「政府のみ必要な情報を公開している」と「東京電力のみ必要な情報を公開している」の割合を比較してみると、全体では前者が7.2%、後者が2.2%と、東京電力に対する不満がわずかに上回る結果となった。特に女性においては「東京電力のみ必要な情報を公開している」と答えた割合が1%にとどまった。

地域別に見ても「どちらも不十分である」という回答が圧倒的多数であるが、特に現在も不安な生活を余儀なくされている東北地方では、「どちらも必要な情報を公開していると思う」と答えた割合が0%であった。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。