ポイント新施策に込めたセブン&アイの野望

ポイント新施策に込めたセブン&アイの野望

長距離ランナーがスパートをかけて、ライバルを一気に引き離しに出る--。これこそ、セブン&アイ・ホールディングス(以下セブン&アイ)が、新しいポイント戦略で狙う展開だ。

スーパー、ドラッグストア、家電量販店、百貨店など多くの企業が発行し、消費者の保有率も高いポイントカード。多くの企業がしのぎを削り、大競争が繰り広げられている。その中で、今回セブン&アイが打ち出した戦略は、ポイント市場の勢力図を塗り替える可能性がある。

新戦略を一言で表現すると「大統合」。言うまでもなく、セブン&アイは巨大小売りグループである。コンビニエンスストア、スーパーマーケット、百貨店に外食、ネットショッピングまで、幅広い販売チャネルを持っている。

グループすべてのポイントをnanacoに

従来、ポイント制度は各チャネルごとに戦略化されてきた。具体的には、イトーヨーカドーではポイント専用カードと「アイワイカード」のポイント、主としてセブン-イレブンでは電子マネー「nanaco」のポイント、そごう・西武ではクレジットカードの「ミレニアム/クラブ・オンカード セゾン」のポイントなどがある。

今後、これらのカードごとに装着していたポイント制度を集大成し、すべてのポイントをnanacoのポイントに変換できるようにする。

たとえば、そごうや西武百貨店でセゾンカードを利用して買い物をしてきたAさんが、貯めたポイントを活用する手段は、従来、そごうや西武百貨店での利用か、もしくはそのカード発行主体であるセブンCSカードサービスが提供する景品交換に限られていた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT