30年堂々巡り?女性管理職が増えないワケ

繰り返される「過去のトラウマ」

当方が取材した、調査会社勤務のSさん(既婚・女性)は育児が一段落するまで時短勤務で仕事をしました。現在は20代の時期と同じように残業もする通常勤務に戻しましたが、

「そもそも時短勤務を認めてもらえなければ、会社を辞めていました」

と語ってくれました。ちなみにSさんは40歳にして管理職になり、若手部下のマネジメントを担当。社内では頼れる姉さんと呼ばれ、貴重な存在となっています。

固辞するのは、職場環境にも要因がある

一方、広告代理店で営業職にあるDさん(既婚・女性)。社内で優秀な成績を収めており、上司から管理職への昇進を打診されましたが、固辞しました。

「将来的に出産・育児をすることを考えれば、勤務している職場で管理職を続けることは不可能です。だから、管理職になることをあきらめました」

と回答してくれました。ちなみに、もし残業ゼロの職場であればどう回答したか尋ねてみたところ、「それなら管理職になっていた」と本音を教えてくれました。

管理職になれないのは女性自身に理由があるだけでなく、職場環境にも大きな要因があったのです。女性の活躍推進と同様に、日本は長時間労働という問題を抱えています。勤務時間の長さが解消できないために、女性管理職が増えないという面があるのです。「管理職でも残業ゼロ」が実現できれば、女性を管理職登用できる可能性は、飛躍的に高まるかもしれません。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型ジムニー買っちゃった
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 最新の週刊東洋経済
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地方反撃 <br>「稼ぐ街」は何が違うのか

政府が地方創生を掲げてから4年半。地方の人口減は止まらず、地方経済は衰退している。地方創生には何が必要か?地域活性化に成功している街を徹底的に分析、再生のための具体的な処方箋を探る。自治体や街づくりの関係者にはアイデア満載の特集。