配当含む「年収1億円超」経営者ランキング500 孫正義氏は約188億円、柳井正氏は約140億円

✎ 1〜 ✎ 285 ✎ 286 ✎ 287 ✎ 最新
拡大
縮小
孫正義 ソフトバンク 役員報酬
上場会社の役員でもっとも稼いだ孫正義氏(撮影:尾形文繁)

一般的なビジネスパーソンの生涯給料の目安といわれる2億円以上の報酬を得ていた役員は、297人に上ることが「年収1億円超の上場企業役員ランキングTOP500」で明らかになった。ただ、上場企業役員ともなれば、役員報酬以外にも大きな収入源がある。自社などの保有株による配当収入だ。

そこで上場企業3915社、4万0403人の上場企業役員の最新人事データを収録している『役員四季報2024年版』および『有価証券報告書』のデータを用い、役員報酬1億円超の上場企業役員の中で「配当を含めた収入」が高い上場企業役員トップ500人をランキングで紹介する。

首位~4位は昨年と同じ顔ぶれ

『役員四季報』2024年版は現在発売中。書影をクリックすると東洋経済のSTOREサイトにジャンプします

上場会社で最も稼いだ経営者は、ソフトバンクグループの孫正義氏だ。孫氏の配当含む収入の総額は188億7300万円となった。役員報酬は1億円だが、配当収入が187億7300万円あった。

2位は、ユニクロやジーユーを展開するファーストリテイリングの柳井正会長兼社長だ。柳井氏も役員報酬は4億円だったが、配当収入が136億6200万円となり、総額は140億6200万円となった。

3位は、戸建て住宅分譲のオープンハウスグループ社長である荒井正昭氏。総額は60億9800万円となった。

記事に関連したさらに詳しいデータのほか『会社四季報』、企業、役員、大株主などの各種データを販売する「東洋経済データベースサービス」はこちら。各種データのカスタマイズにも対応します

4位はZホールディングス取締役である慎ジュンホ氏。慎氏は、役員報酬ランキングでは首位だったが、配当収入が上位3人に比べて少なく、合計で4位になった。上位4人の顔ぶれは昨年と変わらなかった。

なお、親子上場などで、いずれかの会社からのみ報酬を得ている場合、報酬を得ている会社の名前と役職を記載している。ソフトバンク会長の宮内謙氏は、このケースに該当。Zホールディングス会長の川邊健太郎氏、GMOペイメントゲートウェイ社長の相浦一成氏に関しても同様に記載した。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT