初任給が高いからといって喜んではいけない

就活の際にチェックすべき給料の指標は?

内定をもらってほっとすると、給料などの待遇が気になってくるのではないでしょうか。(写真: ベイグラント / PIXTA)

そろそろ内定を獲得する学生が増えてきたようです。これまでは内定を目標に頑張ってきたのでしょうが、とりあえず内定をもらってほっとすると、給料などの待遇が気になってくるのではないでしょうか。給料と言えばまずは初任給です。

就職四季報編集部の調査では上場企業の初任給の平均金額は20万7450円です。第1位は日本商業開発の50万円。そのほか30万円以上の企業がドウシシャ、楽天、サイボウズなど7社あります。500社までのランキングは、過去に掲載した、衝撃!これが「初任給が高い」トップ500社だをご覧ください。

昇給率に注目しよう

欲しいのは宣伝ではない、ホントの情報!『就職四季報2016年版』には5000社の客観情報が掲載されている(上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

銀行は給料が高いというイメージが強いかもしれませんが、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行のメガバンクは3社とも20万5000円と平均を下回っています。

また、平均年収で全業界トップの総合商社ですが、三菱商事、三井物産、伊藤忠商事、住友商事、丸紅の大手5社の初任給は完全横並びで20万5000円です。

給料がすべてではありませんが、他社の金額が気になるのは自然なことです。

しかし、初任給額は高くても、その後、給料があまり高くなっていかない企業があります。初任給だけで一喜一憂しても意味がありません。

次ページチェックしておきたいポイントとは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT