日銀の手持ちカードは尽き、「円売り」挑発が襲う 「玉虫色の修正」が招く「引き締め」催促相場

拡大
縮小
日銀は苦しい環境に置かれた(編集部撮影)

注目された日銀金融政策決定会合(7月27~28日)はイールドカーブ・コントロール(YCC、長短金利操作)の柔軟化を決定した。もっとも、その内実は現状維持の体裁を残しながら、「限りなく撤廃に近い変動幅の拡大」といった修正であり、非常にわかりにくい。

10年物国債利回り(以下、長期金利)についてはメドである「ゼロ%程度」、許容変動幅である「±0.5%程度」は従前どおり据え置きつつ、無限連続指し値オペの実施水準は0.5%から1%へ引き上げられる。

実質的に長期金利は「0.5%~1%」のコリドー(通路=変動幅)で推移することが容認される。

「引き締めではない」と苦しい説明

本来、もっとわかりやすくするならば、メドである「ゼロ%程度」は「0.5%程度」に引き上げ、変動幅は「±0.5%程度」で据え置くほうが、同じ政策効果がえられてわかりやすいはずではある。しかし、日銀は「それ(=メドの引き上げ)は利上げ」と公言してきた経緯があるため、それができない事情がある。

また、無限連続指し値オペの存在自体が廃止されていれば、明示的にYCC「撤廃」と言えたが、この点も一応の防衛ラインが残されたことで、そうとも言いづらい立て付けが維持されている。

実際、植田和男日銀総裁も会見で「政策全体がこれまでよりやや引き締め、ないし正常化方向にバイアスをかけているかというと、そうではない」と述べ、今回の決定に引き締め的な意図がないことを強調している。

次ページ本音と建前が混在
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT