「人のつながり」が日本の課題を解決する

藤沢烈と駒崎弘樹、「復興」を語る<3>

 写真左よりNPO法人フローレンス代表・駒崎弘樹氏、復興コーディネーターとして活躍する藤沢烈氏
東北の震災被災地で復興コーディネーターとして活躍する藤沢烈氏と、社会起業家仲間のNPO法人フローレンス代表・駒崎弘樹氏。
社会課題を解決するために誰でもすぐに始められること、支援の現場で鍵を握る「社会関係資本」について対談、会場からの質問に答える形で語った。(この対談は2015年3月30日、『社会のために働く』(藤沢烈著・講談社)の出版を記念して、丸善丸の内本店にて行われました)
※1回目記事:社会のために働きたい人」はなぜ増えたのか?
※2回目記事:福島県産の桃で「氷結」を作るキリンの覚悟

美味しくなかったら買うな!

会場:社会的な活動に興味があるのですが、何から始めたらいいでしょうか?

藤沢:最初に始めるならNPOへの寄付がおすすめです。寄付をすると、その組織が何をしているかに関心をもつようになるので。

お金ではなく、時間を使う方法もあります。よく企業が「利益の1%を寄付する」ということをやっていますが、それを真似て、たとえば「自分の時間の5%を社会のために使う」と決めて、その時間をボランティアにあてるというのもいいのでは。

それから震災復興について僕がよくおすすめするのは、「東北の商品を、本気で買ってください」ということです。「本気で」というのは「美味しくなかったら買わなくていい」という意味です。本当にいいものだけを買ってください、と。

「自分ひとりが1000円のものを買ったところで、復興の手助けにはならないんじゃないか?」と思うかもしれませんけれど、そんなことは絶対にないんです。被災地のみなさんは借金を背負ってでも、もう一度生活を再建しようとしている。そのときに一人でも多くの人が、「復興支援だから」ではなく「本気で」商品を買ってくれるというのは、すごく励みになる。そういうことがあると、人間って頑張り続けられるんですよね。

次ページ「ゲリラ戦士」としてやればいい
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。