「人のつながり」が日本の課題を解決する

藤沢烈と駒崎弘樹、「復興」を語る<3>

藤沢:企業が自分たちのリソースをつかって社会事業に取り組む。企業NPOと、独立系NPOが、社会課題をどちらが先に解決できるか、健全な意味で競い合う。そんな社会になってもいいと、個人的には、希望も含めて思います。

駒崎:僕も予測はできないんだけれど、未来というのは予測するものではなく、作り出すものですから、「最高の予測を自らつくる」ということで、お答えするならば。

僕は、「行政、政治、ビジネス、NPOなどというセクターを超えて、みんなが総動員で、課題解決に向かっている」という未来像を描きます。

また働き方も、月曜から金曜まで同じ会社にい続けるのではなく、「2つの会社に属しています」とか「1つは企業、もう1つはNPOに属しています」とか、大きく様変わりしていく。そういうふうに思いますね。

藤沢:以前イギリスのソーシャルセクターの状況を視察に行ったことがあります。行政機関と企業とNPOの3つを見たんですけれど、駒崎さんが言うのと近い状況でした。

行政のNPO担当者は元NPOの方で、企業の社会貢献担当者もやはり元NPOの方でした。逆にNPOの方は、元経営コンサルタントだった。三者のうち、NPOの人が一番ビジネスライクだったんですけれど。(会場笑)

日本でも、そのような状況が生まれつつあります。

駒崎:そうですね。いずれにせよ10年後も課題は目白押しでしょうから、われわれが連帯して解決にあたっていきたいですね。

いま日本は課題が山積みで、これからもっともっと課題は増えていくわけですから、どんどん解決していかなきゃいけない。でも現状は、力と人というリソースが全然足りていません。だから援軍が欲しいわけです。

ひとりでも多くの人たちが力を寄せてくれたらうれしいな、と思います。

(撮影:梅谷 秀司)
 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT